心が動くということ 「ヒヤシンスハウス」について

京都、滋賀の家事代行サービスお助けママの鈴木隆枝です。

先日天声人語で読んだのですが

詩人の立原道造は、大学の建築学科に在籍して

優秀な成績を修めていたそうです。

自分が週末を過ごす家を夢見て

「風信子荘(ヒヤシンスハウス)と名付け

設計図も何枚も書き残しているそうです。

5坪ほどの小さい家で

現在のさいたま市に、候補地も見つけていたそうです。

でも、残念ながら、夢が実現する前に

24歳の若さで結核で亡くなってしまいました。

その夢を実現させようと

亡くなってから64年後、さいたま市の人たちが

集めた寄付でその家を建てました。

その人たちは

「夢をどうしても実現させてあげたかった」と・・・。

空の上で本人はどんなに嬉しいだろうと思ったとたん

心臓のあたりが大きくドキンと脈打ちました。 

そして、嬉しかったり、感動したりすると

心臓がドキドキするけれど

心が動くって、もしかしたらここから来ているのかなと思いました。